私の乳がん記録と日々の生活

menu

pink ribbon log

エキスパンダーからシリコンインプラントへ入れ替え26日目、シリコンインプラントの存在感

シリコンインプラントの存在感

 

 

術後26日のシリコンの左胸の状態。

 

シリコンが入ってます!!!

と、まだまだかなり存在を主張してきている。

 

存在感というか、違和感。

明らかにここに何か入っている感。

 

何時になったら主張して来なくなる日が来るのか?

 

徐々に異物感に慣れてきて、

あまり意識しなくなる日が来るものなのかどうか。

 

エキスパンダーからシリコンインプラントへ入れ替え手術をしたら、

自分の中のイメージ的には、

なんかもっと劇的に変わるのかなと思っていたけど、

そんなに劇的には変わらない感じだ。

 

確かに、

エキスパンダーはだんだんにお水を注入していって皮膚を伸ばすものだから、

お水を注入するたびに皮膚がつっぱって痛いし、

シリコンに入れ替え前直前あたりなんて、

もうパンパン!

ぱっつんぱっつんに張っていて起きてても寝てても苦しかった。

 

寝てるときは特に苦しくて、

あお向けになっても横向きになっても苦しくて、

(うつぶせにはもちろんなれない)

夜中に何度も目が覚めるくらいだった。

 

それに比べたら、

大分楽にはなった。

圧迫されて苦しいとかではないんだけど、

でもやっぱり何かが入ってる感はありありと感じる。

 

この存在感がどのくらいの期間でどれくらい軽減されるのか、

ずっとこのままだったらかなりイヤだ。

 

あと、やわらかくはない、

思ったよりやわらかくない。

 

これも自分の勝手なイメージだけど、

もう少しやわらかいものだと思っていた。

 

手術前の診察の際に、

何回かエキスパンダーもシリコンインプラントも見せてもらったし、

触らせてももらったけど、結構ぷにぷにだったと思う。

なので、もう少しやわらかいイメージがあったんだけどな。

 

考えてみれば、シリコンインプラント直接の手触りではなくて、

大胸筋の下に入れているわけだから、

筋肉の手触り、ということなのかな?

 

その下のシリコンがぷにぷにしてても、

上にある大胸筋の方がかたければ柔らかい手触りにはならない???

のだろうか。

 

やっぱり、当たり前のことなんだけど、

乳房再建したからといって、

もとの胸に戻るわけじゃない。

 

いや、不満があるとか後悔しているとかではなくて、

自分が漠然と想像していたものとは少し違っていたので、

想像とは違ったな、という感じ。

 

何ごとも経験してみなければわからないな。

 

自家組織で再建したなら、

やわらかさとか、あたたかみなんかは取り戻せたのだろうけど、

よく考えてシリコンインプラントを選択したし、

その選択を後悔しているとかではない。

 

やはり異物なんだなと思う。

 

でも、まだ術後1ヶ月たってないし、

徐々に違和感も緩和していくだろうから、

つくりものではあるけれど、綺麗につくってもらった大事なお胸。

大事にしよう。

 

2017-10-10

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031