私の乳がん記録と日々の生活

menu

pink ribbon log

自家組織再建、穿通枝皮弁法による乳房再建手術後4日目、右の横腹あたりが動くととっても痛い

3連休の最終日

 

10月14日月曜日、世間では3連休の最終日だ。

病院にいると「今日は何曜日だっけ?」と、曜日の感覚がにぶくなってしまう。

とは言え、入院病棟も平日に比べて土日祝日は少しゆったりした感じではある。

 

 

今日は頭も洗ってもらったのですっきり!

 

まだ洗髪室まで行けないのでベッドで寝たまま洗ってもらったのだけれど、

ベッドに防水シートを敷いて、頭をトレイのようなものにのせて(はめて)お湯が入っている箱のようなものを持ってきてくれて

あったかいシャワーが出るのだ!寝たままあったかいお湯で頭を洗ってもらうとかありがたいことだ。

身体ももちろんなのだが、頭を洗ったあとって本当に気持ちが良いなぁと思う。

(特に人に洗ってもらうのは気持ちが良い。)

あったかいシャワーもだけど、ドライヤーの熱が頭皮にあたるのがまた気持ち良いんだよな。

 

身体も拭いてもらったのだけど、左側の胴体部分にでっかい水ぶくれが出来ていた。

やはりというかなんというか、どうも医療用のチューブが長時間身体に当たっているとダメらしい。

あれって素材はシリコンなのかな?天然ゴム?

接触してすぐに水ぶくれができるとかではないので、ラテックスアレルギーではないと思う。

症状も出るときと出ないときがあるから必ず水ぶくれになるというわけではないのだ。

 

前々回の入院の際に点滴のチューブを右腕に固定していたときに、

チューブのあとそのままにミミズのような水ぶくれが出来たのが最初で、

前回の入院では結構気を付けて、

肌にチューブが当たるところにあらかじめ透明の保護テープを張ってもらったりしていたので大丈夫だった。

 

今回も点滴をする腕の方は気を付けてもらっていたのだけれど、身体に入っているドレーンはちょっとどうしようもうない。

身体に当たらないようにするのも難しいし、当たる部分を保護するのも難しい(胴体だし)

 

体を拭いてもらう時に水ぶくれに気づいたのだが、これが結構大きくて気持ち悪い。(縦に3㎝、横の一番広い部分が2㎝くらい)

水ぶくれの跡ってなかなか消えないからイヤなんだよなぁ・・・。

とりあえずはガーゼを貼って、あとで先生に処置してもらいましょうということになった。

 

面会時間になると妹と長女が来てくれた。

病院には院内にローソンがあるのだけど、

入院してからローソンのほうじ茶ラテ(アイス)に激ハマリしている。

これがめちゃめちゃ旨しなのだ。

まだ病室内(トイレまでのみ)しか移動出来ないので、妹が来る日はほうじ茶ラテを買ってきてもらって飲むのが楽しみ。

そしてシュークリームにもハマっている。

ほうじ茶ラテとシュークリームの組み合わせがまた最強。

 

妹と長女と3人でほうじ茶ラテとシュークリームに舌鼓をうちながらしばしおしゃべり。

妹と長女が帰ってからは友人にラインしたり、スマホのアプリで本を読んだりして過ごす。

 

 

右横腹の痛み

 

夕方あたりから右の横腹(傷より上の方)がちょっと動くだけでやたらと痛い。

昨日から自力でトイレに行きはじめていて、ベッドの柵をつかんで起き上がるから、やはりお腹(腹筋)も使うのだ。

左は手術側なので起き上がる時は常に右側から起き上がるので、きっとそのせいで痛いんだろうな、と思う。

 

そう、たぶん筋肉痛なのでそのうちこの動きにも慣れたらおさまるのではないだろうか。

ほんと、人間の体ってちょっと動いていないとすぐに動けなくなる。

体も脳も使ってナンボだなと入院するたびに思う私であった。

 

 

☆記録☆

AM4:00(血流チェック20回目)

AM5:00(ドレーン廃液処理)

AM8:00(血流チェック21回目)

PM12:00(血流チェック22回目)

PM4:00(血流チェック23回目)

PM8:00(血流チェック24回目)

AM0:00(血流チェック25回目)

 

昨晩、お通じの薬を飲んで寝て本日少しだけ出た。

 

 

2019-10-14-Mondey

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829