私の乳がん記録と日々の生活

menu

pink ribbon log

自家組織再建、穿通枝皮弁法による乳房再建手術後3日目、ベッド上安静解除!尿管を外してもらい一人でトイレに行く。

ベッド上安静解除

 

入院から5日目、手術後3日。(手術当日を0日とする)

手術翌日はマジ死ぬかと思ったけれど、

昨日は少し元気にさらに本日はまたさらに少し元気になっていて「日にち薬」を実感。

 

食事はまだ半量くらいしか食べられないけど、

自撮りしてインスタにアップ出来るくらいにまでなっているわたし。

人間の身体はこうして1日また1日と回復していくのだな。

 

朝8時のお胸の血流チェックの際に主治医に、「早くベッドからおりたいです~。」と言うと、

「動けるようならお腹を庇いつつゆっくり歩いて室内のトイレまでなら良いですよ。」とOKが出た!

 

その後、看護師さんと一緒に一旦尿管をつけたままお部屋のトイレまで歩いてみて、

どうやら一人で行けそうなので尿道カテーテルを抜いてもらった。

いやほんと尿管入ってると地味にずっと気持ち悪いので抜けて嬉しい限りだ。

 

手術後3日目、ついにベッド上安静解除~~~!!!

 

ベッドの上から動けるって素敵!!!

自力でトイレに行けるって素敵!!!

 

圧迫の靴下も脱げたし、昨日は背中の管(硬膜外麻酔)が抜けて、今日は尿管も抜けたし、

管にまみれていた身体が少しずつ解放されていて嬉しい。

 

あとは血抜きの管三本である。(まあこれが抜けるのはまだ先なんだけど)

 

前かがみで点滴棒をおともに

 

「動く際にはお腹を庇って若干前かがみで移動して下さいね。」との指示なので、

下記の図のような(わかりにくくてすまないw)スタイルで「ベッドートイレ間」を移動している。

移動と言ってもほんの7~8メートル程なのだが。

 

 

とは言え昨日まで3日間ベッドの上にいたわけで、じっとしている分には大丈夫なのだけれど、動くとやはりお腹が痛い。

ベッドの上で身体を起こす→靴を履く→立ち上がる→点滴棒を頼りに前かがみで歩く。

という一連の動作をするのにまあまあ時間がかかる。

なのでトイレに行きたくなったら早めに行動せねばならない。

 

そして気になるお通じの方だが、どうも出なさそうな感じ。

もう今日で5日目になるし、お腹もはってイヤな感じなのだが出なさそう。

っていうか出ない。

 

普段便秘のお薬とかは一切飲まないのだが、看護師さんにお薬飲んでみますか?と言われて飲んでみることにした。

夜寝る前に飲んで寝よう、明日はお通じあるといいな。

 

 

 

☆記録☆

AM4:00(血流チェック14回目)手術後48時間クリア!!!

AM5:00(ドレーン廃液処理)

AM8:00(血流チェック15回目)

PM12:00(血流チェック16回目)

PM4:00(血流チェック17回目)

PM8:00(血流チェック18回目)

AM0:00(血流チェック19回目)

 

2019-10-13-Sunday

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年3月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031