私の乳がん記録と日々の生活

menu

pink ribbon log

乳がん手術後の通院、形成外科を受診して手術日を変更してもらう

形成外科受診

 

4月23日の受診の際、

乳輪乳頭形成手術の日程を7月26日に決めてもらったのだけれど、

その後仕事の都合があわなくなり、

日程をもう少し早めにしてもらわないといけなくなった。

 

手術の予定を1週早めてもらえないか病院に電話したところ、

手術の予定日変更は電話では出来ないらしく、

今日、病院へ行って、

7月18日入院の、7月19日が手術の日程に変更してもらう。

 

そして来月、6月15日に入院前検査の予定だ。

 

入院、手術日の日程変更に行っただけなので、

本来なら診察なしなのだが、

シリコンの違和感と、左胸上部の痛みがどうも気になるので診てもらった。

 

エキスパンダーからシリコンインプラントへ入れ替えの手術をしてから8ヶ月になるけれど、

シリコンの違和感も痛みもなくなりそうにない感じ。

もちろん、手術直後のような痛みではないのだけれど、

左胸の上部がじっとしていてもたまにズキズキッと痛むのと、

シリコン(異物)が入っている感じがずっとしている。

 

先生いわく、手術から8ヶ月たっているし、

そんなにあとあと痛むっていうのはあまり聞かないとのこと。

患者さんが言わないだけかも知れないけど、とおっしゃっていたけど。

 

乳がんブログなどを色々拝見していると、

1年以上たっても痛みや違和感はある、という方もちらほら見かける。

やはり、感じ方は人それぞれなんだろうな。

 

先生は、あまりひどいようなら自家組織でやり直すという方法もあるけれど、

シリコンの状態が悪いわけではなく上手くいっているので、それももったいないですね。

と。

 

確かに、私もそこまでは出来ないなと思う。

最初に再建方法を決める時から、自家組織は大変そうだと思っていたし、

友人がお腹で再建しているけれど手術の後かなり辛かったらしい。

 

放射線治療などの影響で、

シリコンインプラントでの再建が難しければその選択をしただろうけど。

 

以前にも書いたけれど、

頭痛だったり肩こりだったり、

誰しもなにかしらの身体の不調をかかえて生活していると思うし、

年を重ねると不調も多く出て来るだろう。

 

頭痛にしても肩こりにしても、

ひどい場合は日常生活に支障をきたすことだってある。

 

そういうふうに考えると、

シリコンインプラントの違和感も、痛みも、頭痛や肩こりと同じ次元かなと思う。

ようは、だましだまし上手く付き合っていかねばということかな。

 

そう、乳輪形成の方法に関しては、

大きさ的には乳輪も移植出来そうな感じらしいので、

片側(健側)を移植でいくことに。

 

大きさによっては移植が無理なサイズ(小さすぎるってことね)

もあるけれど、私の場合、

乳頭はOK、乳輪もまあいけるだろうと(笑)

いや、言っておくけれどそんなに大きくはないはず。

普通サイズだと思う(笑)

 

当初、シリコンインプラントでの再建を選択したときに、

シリコンでは下垂した胸は作れないので、

右(健側)が再建した左の胸よりも下垂した状態になる。

なので、両方の胸のバランスをとるために健側の吊上げ手術をした方が良いかも、

と言われていたのだけど、今回それもお願いすることにした。

 

右の胸にも傷跡が残ってしまうけれど、

やっぱりバランスが良い方が良いかな。

 

いよいよ乳房再建も最終段階、

綺麗になると良いな。

 

2018-05-15

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031