私の乳がん記録と日々の生活

menu

pink ribbon log

入院16日目、乳がん手術後14日目(乳がん切除エキスパンダー挿入)

ぬ・ぬ・縫い直し!!!

 

朝の回診が終わった後、

9時45分に形成外科の診察に呼ばれて外来へ。

診察室に入って先生に診てもらいながら、

そういえは、一昨日(6日)に診てもらった時に、

傷の治りのわるいところがあるね~、と言われていたな~・・・

と、思っていたら。

 

「ん~、縫い直しましょうか!」

と先生。

 

えっ!

今?

すぐ?

ここで?

(心の声)

 

みたいな。

 

えええええ~~~!(心の声)と思っている間に、

あれよあれよと、診察室のベッドに横になり、

「じゃあ局部麻酔しますからね、痛かったら言って下さいね~。」

と、もう開始してる~~~!

 

それから約30分間・・・。

糸をぷっちんぷっちん外して、

血の巡りの悪い部分(治りの良くない部分)の皮膚を切り取り(ひぃぃぃ(;・∀・))

またちくちくと縫うと。

 

ひぃぃぃぃぃ(;´Д`)

 

これは・・・

こわかった。

 

かなりこわかった。

本番の手術の時よりこわかった。

いや、本番の手術は寝てる間に終わってるからね。

 

過去2回の帝王切開の時も、

下半身麻酔で様子がすべてわかるので、

ちょっとこわかったけれど、

ほら、出産だから、ね。

 

お腹が切られてる感触とか、

開かれてる感触とか、

ぐいぐい赤ちゃんひっぱり出されてる感触とか、

そういうのがどんだけわかったとしても、

赤ちゃんのため!というか、

脳内は、赤ちゃん頑張って早く生まれておいで~~!

モードなわけです。

 

なので、帝王切開のこわさとかは薄らいでるというか、

そんな感じだったんだけど。

 

いや~~~、

今回はこわかったわ。

胸なのでね、かなり気配が近い。

切ったり縫ったりしてる気配が。

 

ひぃぃぃ(;O;)

 

と、まあどうにか30分耐え抜きまして。

 

あ、でも最後のドレーンが抜けたのは嬉しかった!

 

でも、縫い直しの衝撃でちょっと嬉しさがかき消されててしまったわ(涙)

 

その後、病室に戻り、

痛い・・・(´;ω;`)ウッ…

痛いよ~、傷が痛いよ~。

 

お昼ごはんはおうどんだったけど、

おうどんの鉢を左手で持てない程痛いよ~。

 

お昼ご飯のあと、すぐに痛み止めを飲んで眠る。

 

とりあえず、痛いときは眠る。

野生動物も傷を負った時はしずかに眠って治すと言うし。

 

レアケース体験

 

手術の時も再手術になったし、

縫い直しもそうだけど、

結構レアケース体験してるよな~。

 

まあ、人生において色んな体験出来るのは面白い、

と言えば面白いんだけど。

 

でもやっぱり痛かったりこわかったりするのは極力避けたいけど(;´Д`)

 

痛みで目覚める

 

昨日の夜中は、痛み止め飲まずに過ごして、

そろそろ夜中の痛み止めは飲まなくてもいいかなあ、

と思っていたけど。

 

やはり今日は、痛みで目が覚めて薬を飲んだ。

( ノД`)シクシク…

 

今度は頑張ってちゃんとくっつくんだぞ~~~!

と傷に言い聞かせる。

 

 

2017-3-8

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031