私の乳がん記録と日々の生活

menu

pink ribbon log

乳輪乳頭再建手術後16日目、おうちでの処置、生活、再建乳房の状態など。

おうちでの処置、生活など

 

さてさて、

昨日退院してきて入院生活を終え、日常生活がはじまった。

 

手術あとの痛みは左(乳輪乳頭を再建した方)はほぼない。

というか左は皮膚の感覚自体あまりない感じ。

手術後、入院中は少しムズムズしたりしていたけど。

 

右はまだ少し痛みがあるかな。

右の乳輪乳頭を左に移植したのと、

拳上も行っているので胸の下の部分を切って上に吊上げてきているし。

切って皮膚を引っ張った分、痛みもあるんだろうと思う。

 

でも日常生活に支障をきたすほどでは全然ない。

エキスパンダーを入れたときやシリコンインプラントに入れ替えた時は、

しばらく腕を動かす範囲を制限されていて退院してからもしばらくは動くのに不自由した。

腕を上げられないので戸棚の上のものを取ったり、洗濯もの干すのに困ったけれど、

その時に比べればずいぶん楽だ。

 

ただ、あまり力を入れたりすると痛むのでそこのところは無理せず徐々にやっていこうと思う。

 

昨晩は朝病院で処置もしてもらっていたので、ガーゼは外さずにサッとシャワーを浴びるだけで済ませたけど、

今日はガーゼを外してお風呂へ・・・。

 

恐る恐るあらってみた。

左側は皮(?)がもろもろとれるので、ついつい少しこすってしまった(汗)

そう言えば先生が、何回か皮がむけながらなおっていきますからね、とおっしゃっていたっけ。

脱皮だわ、脱皮。

 

右側は少し皮はむけてるけど、左より綺麗な感じ、

まあ、こっちはもともとある方だもんね。

ただ、そろそろとさわらないとこわい。(ちょい痛い)

 

手術後、こんなにじっくり見たのははじめてだけど、

左は新しく作った皮膚(乳輪乳頭)だし、絶賛脱皮中だし、細胞が頑張ってる!という感じ。

右胸の乳輪のさかいめはパキッとしてる。

手術前に先生が、右から乳輪半分、乳頭半分を移植するので、

乳輪乳頭ともに小さくなるのと、乳輪は肌色の皮膚と乳輪の色のさかいめがパキッとなります。

っておっしゃっていたっけ。

確かに、パキッとなってる。

 

それから、

右胸がアガッている!

さすがに左のシリコンインプラントと全く同じ位置ではないけど、

近い位置までちゃんと吊上げされてる。

 

それでもやはり、シリコンインプラントと自分のおにくである胸だから左右差はあるけど。

もともと健側は結構下垂していたし、タモキシフェンを服用しはじめてからさらにしぼんだ気がする。

なので、吊上げで位置は上げてもらっても主に上部のボリュームが足りない感じ。

シリコンは上の方からボリュームのあるパン!とした胸なので、差はね、やっぱり目立つかな。

 

昨日、退院前の診察の時に、

シリコンの胸に出ているリップリング、

あと右胸の上部のボリュームを整えるなら脂肪注入という方法もあります。

って先生がおっしゃっていたけど、

脂肪注入って保険治療じゃないものね・・・。

 

しかも、今の状態で過ごせないわけではないし。

悩むところです。

 

うん。

 

でも、急ぐ問題ではないのでゆっくり考えても良いかな。

 

2018-08-03

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031