私の乳がん記録と日々の生活

menu

pink ribbon log

乳がん切除エキスパンダー挿入手術(と再手術)翌日、ベッド上安静

手術(と再手術)の翌日の朝

 

夜中じゅう、寝たり起きたりしていて、

朝早くに目が覚める。

 

目覚めた瞬間、一番に思ったことは、

お水が飲みたい!

ええもうカラッカラなんです。

 

7時過ぎに、乳腺外科の先生が様子を見にいらしてくれて、

開口一番、

「先生!お水が飲みたいですっ!!!」

と訴えた(笑)

「あと、コレ(酸素吸入?のマスク)が苦しくて・・・」

と、夜中じゅう苦しくてしょうがなかった酸素マスクの苦しさも訴える。

(看護師さんに言ってずらしてもらっていた)

 

先生の、

「お水ね、飲んでもいいですよ、マスクももうはずしましょうね。」

と言う声が神の声に聞こえたわ(´;ω;`)。

 

その後、ベッド脇のテーブルに昨晩、妹に置いてもらっていたお水を飲もうとして起き上がる・・・。

これがもう痛くて痛くてすっっごく時間がかかってしまった。

すぐそこ(ベッドの横)にあるお水をとるのにこの痛み・・・。

 

じっとしてても痛い。

なんか左胸に鉄板入れられて圧迫されているかのよう。

そしてとにかく動こうとすると痛い!

手術した側の左手は全然まったく力が入らないし(動かさないようにとも言われているんだけど)

頼りは右手のみ!

だがしかし体って・・・繋がっているのね・・・(*´Д`)

 

ベッドの手すりを右手で持って、起き上がろうと力を入れると、

うっ!・・・左胸に激痛が!Σ(゚д゚lll)

胸だけじゃなく、なんか上半身の左側全体。

 

「ふっ・・・!痛い・・・ふぉぉぉっ・・・!」と、力を入れるたびに声が出てしまう。(^^;)

ベッドは、結構角度を上げてもらっていたので、

起き上がると言っても90度とかではないんだけど、

それでもかなりつらい。

とにかくヘロヘロ。

 

お部屋まで運んでもらった朝食も

食欲があまりなく、とにかく動けなくて全く食べられなかった。

 

その後、

形成外科の先生が様子を見に来て下さり、

外科の回診がありで、午前中は過ぎ、時間はお昼。

 

お昼ご飯はどうにかこうにか、

ほぼベッドに寝たまま、パン一枚と卵を食べ、オレンジジュースも飲んだ!

 

 

午後から

 

今日一日は、ベッド上安静ということで、

尿管も繋がったままだし、足の圧迫マッサージの機械もついたまま。

 

前回のセンチネルリンパ節生検での入院の際、

手術後5時間マッサージされてたときは、気持ちいいくらいだったけど、

今回は、昨日からずっとだ。

さすがにもう外したい・・・(´;ω;`)

 

点滴もまだしてるし、

排液のためのドレーンが3本、にょっきり体から出てるし、

なんか体に色々繋がってる~~~(´;ω;`)ウゥゥ。

 

そしてあお向けに寝たままだと恐ろしく腰が痛い!

でも寝返りはうてないという。

そしてベッドが恐ろしく硬いっ!

岩?わたし岩の上に寝かされてる?

って思う程ベッドがかたい。

軽く拷問な感じだ。

 

楽しい時間はすぐに過ぎるけど、

つらい時間は遅々として進まないものだ。

 

痛みをこらえつつ、不自由な中、友達にLINEしたり、

スマホでネットサーフィンをしたりしているうちに、

どうにか夕方になり、夕食は頑張って半分食べた!

だって、食べられないと栄養の点滴も外してもらえないしね。

 

そして夜

 

そして夜。

夜中から明け方にかけて、

痛みと、そして圧迫感(エキスパンダーの圧迫感)

それから、腰の痛みで、1時間おきに痛みで目が覚めるのであった・・・。

 

2015-2-23

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930