私の乳がん記録と日々の生活

menu

pink ribbon log

入院4日目、乳がん手術後2日目(乳がん切除エキスパンダー挿入)

入院4日目の朝

 

今日も、7時過ぎに乳腺外科の先生が様子を見に来て下さった。

今日は動いてみましょうね、とのこと。

 

朝食は、どうにかパン1枚とサラダを少し食べた。

ベッドから少し起きるだけでもとても痛い(左胸)

わたしの胸、鉄板が入っているかも知れない(涙目)いや入ってないけど、そんくらい痛い。

 

「うんしょ、うんしょ、よいしょ。」とか弱い(笑)

声でかけ声をかけつつ、

そろりそろりと動く感じだ。

 

朝食後、しばらくして、形成外科の先生が様子を見に来てくださって、

まだまだ痛いと思いますけど、頑張りましょうね!とはげましてくださる。

うっ(;´Д`)・・・頑張ります~。

 

その後、看護師さんに体を拭いて着替えさせてもらった。

一昨日(2月22日)の手術からずっと手術着のままで、

どえらい汗はかいているし、若干血液で汚れたりしていたので

熱いホットタオルのなんと気持ちの良いことか!

看護師さんが女神に見えたわ。

 

そして、看護師さん(イケメン)に付き添ってもらって歩く練習!

1人で歩けたら、尿管と点滴外せますからね~!とのこと。

 

ベッドから離れるので、足のマッサージの機械をやっとこさ外してもらった!

ああ、なんという開放感!

(´ω`*)

拘束プレイとか絶対ムリ。

 

とりあえず、支えてもらってベッドの上に起き上がる。

力を入れたり、体勢を変えるときはものすごく痛いけど、

一旦起き上がってしまうと結構大丈夫な感じだ。

 

排液のためのドレーンと、その先に入れ物が繋がっていて、

それを3つ持ち歩かなければならないので、

首から下げるカバンのようなものを貸して下さった。

それに排液の入れ物を入れ、首から下げる。

 

看護師さんに支えてもらったまま、そろそろとくつを履き、

そろそろと立ち上がる。

 

うんうん、痛いけど大丈夫そう。

けどドレーンのバッグがまあまあ重いよね。

 

「このまま廊下を一周しましょうね~。」と支えてもらったまま歩き始める。

うむ・・・大丈夫そうな感じ。

 

廊下の半分からは、支えてもらわずに自分ひとりで歩けた。

 

ベッドに戻って、尿管と点滴も外してもらった。

ああ、本当になんという開放感!

(´ω`*)

マジ拘束プレイとか絶対ムリ。

 

その後、昼食の時には、1人でベッドの手すりを持ってベッド上で座ることが出来た。

まだ、胃の調子もあまり良くないので食事は全量食べられない感じだけれど、

回復してきている感じだ。

 

午後から

 

午後からは一人でトイレにも行った。

体を動かすとやっぱり痛いので、トイレに行くにも時間がかかるけれど。

圧迫ストッキングも脱げたし、点滴の針だけ残ってたのも抜けた!

あああ、なんという開放感!(こればっか(笑))

 

スマホで友達に状況報告をしたり、ネットをしたりして過ごす。

 

ベッドは45度くらい角度を上げていて、左の背中にはクッションを入れてる。

たいらには決して寝られない感じ。(痛い)

 

足のマッサージ機と尿管が外れたので、

下半身がだいぶん動かせてラク・・・。

夕方、乳腺外科の先生と形成外科の先生が様子を見に来てくださった。

 

 

夜になると、痛みが増す感じがするなあ。

痛み止めは使っているけど、あんまり効いてない?

や、効いているとは思うんだけど、

やっぱ痛い・・・(;´・ω・)

 

そして夜中は1時間おきくらいに痛みで目が覚めるのであった・・・。

 

2015-2-24

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031