私の乳がん記録と日々の生活

menu

pink ribbon log

乳がん手術後の通院、形成外科受診と乳輪乳頭形成手術のための入院検査

形成外科受診と入院検査

 

今日は入院検査の日だった。

 

血液検査(6本採りました)

尿検査

心電図

肺機能

 

あ、あと体重測定・・・。

 

なんと前回の入院(昨年2017年の9月)の時よりも4キロほど増量していた・・・。

ひぃぃ・・・ヤバイ。

ここ最近、全然ダイエット出来てなくてヤバイ。

入院までにもう少し体重落とさないとだ。

 

入院検査の前に診察があって、

今日は6月6日にレーザーをしてもらった背中のあざのを診てもらった。
(※現在、形成外科で乳房再建の他に背中のあざも治療中)

 

背中の患部を診てもらったあと、先生が、

では次回3か月後くらいにレーザーしましょうか、

9月にまた予約しておきますね!(ニコニコ)

ではまた9月に!(ニコニコ)

とおっしゃるではないの。

 

 

え(笑)

せんせ~、私7月に入院します。

どっちかというと、今そっちの方がメインなんですけど(笑)

 

と言うと、

 

あっ!そうだった!そうだそうだ、そうかもしれない、

こっちの方がメインかもしれない(汗)

と先生(笑)

 

ちょっと(笑)

あざの治療だけしてる人になっていた私(笑)

 

じゃ、じゃああれですね!

今日手術の説明しておかないとですね!

とあたふたする先生。

 

はい、そうです。(笑)

 

と、いうやりとりのあと手術の説明をしていただく。

 

乳輪も乳頭も健側のものを半分ずつ移植することになっているので、

先生が図に書いて説明して下さった。

 

こんな感じで健側からとるらしい。↓↓↓

 

 

おおお。

半分こにしちゃって大丈夫なんだろうか私の右胸(色んな意味で)

と心配にはなるけど、

先生いわく乳輪乳頭の大きさ的には大丈夫とのこと。

あ、乳頭は全然大丈夫!乳輪は・・・ん~、まあ大丈夫かな、という感じだったが。

 

乳頭はまあ、娘3人の授乳で伸びているからな、

おそらく横スライスでいけると思う。
(スライスとか!)

考えるとこわいな。

 

う~む。

 

そして今回、乳輪乳頭の移植と同時に、健側の吊上げもしてもらうのだ。

 

乳房再建の方法にシリコンインプラントを選んだ時から、

シリコンでは下垂した胸はつくれないので、健側とのバランスに問題が出て来る。

と言われていて、

健側の吊上げも視野に入れて、という話しはされていた。

 

ただし、吊上げ手術をするとなると健側にも傷が残ることになるので、

健側を傷つけたくないなら出来ない、ということだった。

 

でも、自分の中では最初から吊上げも込みでシリコンインプラントを選択していた。
(と思う。)

もちろん健側にメスを入れるの大歓迎って訳ではないし、

悩みもしたけれど・・・。

 

エキスパンダーからシリコンインプラントに入れ替え手術をしてから9ヶ月。

いよいよ乳房再建も最終段階だ。

 

入院まであと1ヶ月(と3日)。

 

身体に気を付けて、手術に備えよう。

 

 

2018-06-15

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930