私の乳がん記録と日々の生活

menu

pink ribbon log

手術後1ヶ月

 

さてさて手術してから1ヶ月たちましたよっと。

 

もう1ヶ月たったんだな~。

なんだか早かったようなそうでもないような・・・。

まあ、乳がんの告知を受けてからは検査に手術に入院にと

あれよあれよという間に日々怒涛のように過ぎて行ってる感じだけどね。

 

まだまだ体は元通りには動かずヘボい感じ・・・。

全力で動けるのはいつになるのかなぁ。

 

今日は、左胸の主に上側の筋肉がパンパンに張ってる(;´・ω・)

結構痛みがある。(たぶん筋肉の痛みだと思う)

 

痛みはあるけど、使わないわけにはいかないので、

ゆるゆるとは動かしているけど、

右腕の筋肉痛もまだあるのでなんだかとっても動きにくい(;´Д`)

 

病気になる前だと考えられないことだけど、

今の私にとって、おなべやフライパンは重いものの範疇に入っている。

 

力持ちなのが取り柄だったのに(笑)

 

う~ん、まあそうは言ってもまだ手術後1ヶ月。

体にとってはかなり大きい異物(エキスパンダー)が入っているので、

慣れるには時間がかかるよね。

異物感や痛みは個人差が大きいと先生が言ってらしたし。

 

 

乳房再建をすることについて

 

 

乳房再建をしない選択をしていたら、

乳房切除のみで、

手術後1ヶ月もしたら傷の痛みもなくて、

もちょっと体も動かせてたのかも知れない。

 

実際に、母の知人は再建なしの全切除(数年前)で、

手術後1ヶ月でバリバリに力仕事してたみたいだけど。

(いや、それも無理すんな?って感じはするけど(^_^;))

 

でもなぁ、やっぱり再建なしでそのままという選択は、

私はやっぱりなかったかな。

 

乳房再建することによる体への負担というのもあるとは思う。

 

エキスパンダーを入れて長期間過ごすことや、

自家組織にせよシリコンインプラントにせよ、

手術をすることになるから、

 

切除のみではなくその後何回かまた手術を受ける事になるんだよね。

 

でも、やっぱりそれらを考えても再建は「する一択」だった。

 

入院中、デイルームで食事をするときにお話していたおばあちゃまが、

自分も10年位前に乳がんで全切除したけど、

やっぱりパット入れててもずれて来るし、

夏は(パットを入れてると)暑いし、

バランスが崩れて肩はこるし、

そりゃあ出来るものならちゃんと(おっぱいを)作ってもらった方がいいよ。

とおっしゃっていた。

 

もちろん人それぞれいろんな思いや考えがあって、

再建するしないもそうだし、再建方法にしても色んな選択がある。

 

エキスパンダー生活は不自由だなと思うけど、

みんなそれぞれ色んな状態で頑張ってるんだよね。

 

私も頑張ろう。

 

2017-3-24

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930