私の乳がん記録と日々の生活

menu

pink ribbon log

エキスパンダーからシリコンインプラントへ入れ替え22日目、ブレストバンドについて

ブレストバンド

 

ブレストバンド、

出かける時は以前購入した白いゴムのものを下着の上からつけているのだけど、

どうもゴムにかぶれるのか直接肌が触れる部分が赤くなってかゆい。

 

↓(前回の手術の時に購入したこちらのタイプを下着の上からつけている)

 

 

もともと、肌質としてはそんなに敏感でもないけど強くもない感じで、

膝とか肘をつく姿勢をしたりすると、すぐに赤くなってそのあと色素沈着してしまうタイプ。

でも、そんなにひどく肌がかぶれたりする方ではなかったんだけど、

今回は、なぜかやたら点滴の際の貼り付けテープや管の部分でかぶれたり、

ゴムの締め付けでかぶれたりしてる。

 

あ、そういえば点滴の管やテープでは前回2月の手術の時もかぶれたんだった。

ちょっと昔より(若い頃より)肌が弱くなってきているのかも。

軽いアレルギーっぽい感じなのかも知れない。

 

年齢とともに、虫刺されのあとなんかも治りにくくなっているし、

かぶれたりして赤くなったりすると、なかなか治りにくい。

加齢で皮膚再生能力が低下しているのか・・・。

 

かぶれたあとが茶色く残ったりするとイヤだし、

色々気を付けないといけない。

 

以前の手術の際、ブレストバンドと一緒に以前購入したマンモバンド。

ブレストバンドより太くて強度があるタイプのバンド。

 

こちら↓

ただ、こちらの太いマンモバンドの方が太さも強度もあるので、

これ(マンモバンド)だと、右の胸も押さえつけられてしまうのが難点・・・。

 

右胸はシリコンの左胸より位置が下なので、

極力押さえつけたくない。

前回のエキスパンダーの時も、

右胸はあまり押さえたくないというのと、

あとやはりバンドをつけていると苦しいので、

実は四六時中バンドで押さえてはいなかったのだ。

 

前回は2月の手術で3月に退院で、

だんだんあたたかくなる季節ということもあり、

トップスが薄手だと、

服の上からバンドが目立つ時があり、

そんな時はつけていなかったし、

あと、寝ている間に窮屈で無意識に外してしまったりしていた。

 

まあそれでもエキスパンダーがずれることもなく大丈夫だったんだけど、

今回はシリコンインプラントなのでこれがこの先ずっと私の胸になるという事。

 

ずれたりするとイヤだし、

 

先生も、

今回はしっかり押さえて下さいね!

とおっしゃっていたし、

ちゃんとしっかりなじむまでは苦しいけどあまり外したりせずに、

きちんと押さえておこう。

 

 

2017-10-5

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031