私の乳がん記録と日々の生活

menu

pink ribbon log

エキスパンダーからシリコンインプラントへ入れ替え23日目、左腕の力が弱っている

友人とランチ

 

今日は友人とランチへ行ってきた。

 

病気になってから知り合っていたわけではなくもともとのお友達で、

たまたま同じ病気にかかってしまったのだ。

 

しばらく疎遠になっていたのだけれど、

2016年の秋くらいにふとした場所で再会して、

また会うようになり、

その時に彼女の病気の話を聞いた。

 

そして2017年のはじめ、

1月に私の乳がんが発覚し、実は私も・・・。

なんと偶然と言うべきなのか奇遇と言うべきなのか。

それだけ乳がんが増えてるということなのか。

 

彼女の方が1年早い乳がんサバイバーとしては先輩で、

再建方法は違うけれど、

乳房を全切除して再建というのは同じなので、

会うと色々、お互いの病院や治療の話を相談し合ったりしている。

 

同じ痛みを知っているので、

分かり合えることも、励まし合えることも多い。

もちろん病気以外の話、楽しい話しもする。

 

今日も美味しいものを食べて、

趣味やファッションの話なんかをたくさんしてきた。

 

階段でこけて左腕で支えられず

 

ランチに行ったお店がビルの2階で、

狭い階段を上っていくお店だったのだけど、

マキシ丈というか、ほぼフルレングスの丈の長いワンピースを着ていたので、

階段を上る時に踏んでしまい前につんのめり、

右手にバッグを持っていたので咄嗟に出たのが左腕。

 

弱った左腕の力では体重を支え切れず。

顔からこけて、あごを少々ぶつけてしまった。

 

痛い。

いや、ほんとあぶなかったな。

 

やはり、左腕の力がやはり大分弱っている。

 

フラのレッスンの時に準備運動で腕立て伏せとか、

四つん這いストレッチなどがあるんだけど、

左腕で自分の体重を支える、ということが出来ず、

前回の乳がん切除&エキスパンダー挿入手術を受けたあとから今まで、ずっと出来ていない。

 

まったく出来ないわけではなく、力が入らなくて耐えられない感じ。

これも、これから徐々にきたえていかないと。

 

完全になんのストレスもなく体を動かせるようになるのっていつになるのだろう、と思う。

 

夕方帰宅してから、なんだかノドが痛い・・・。

もしかして風邪でももらってきたかも知れない。

 

普通に普段のように生活しているけど、

体力や体調、やっぱり何の問題もなし!

っていうわけには行かない感じではある。

やっぱりちょっと弱っているんだろうと思う。

 

体も、心もかな。

 

でも、嘆いていてもしょうがないし、

無理せず、リハビリ筋トレしつつ、

体調整えつつ生活していくべしだな。

 

2017-10-7

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728