私の乳がん記録と日々の生活

menu

pink ribbon log

アラガン社のシリコンインプラントがリコール!来月に予定しているインプラント入れ替え手術について、形成外科の主治医から電話があった。

え、アラガン社のシリコンインプラントがリコール?

 

昨日のこと、なにげなくスマホでネットニュースを見ていたら

「アラガン/リコール」の文字が目に入った。

↓↓↓

希少がんと関連の乳房インプラント、全販売地域でリコール 米FDA

2019年7月25日 10:41 発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 ]

https://www.afpbb.com/articles/-/3236808

 

昨晩の時点では、ありゃりゃ~前から「希少がんと関連している」と言われていたけどリコールになっちゃったのか~。

とぼんやりと思っていたのだが・・・。

 

主治医から電話

 

今日の夕方のこと、スマホに病院からの着信があり、

「あれ~、病院からだ。なんだろう?」

と思いながら出ると、なんと主治医からだった。

「え~、先生どうしました?」などと呑気に返事をする私。←アホです。

「実は、アラガン社のシリコンインプラントがリコールになりまして・・・。」

「あ、先生そのニュース昨日ネットで見ましたよ。」

「ああ、それなら話が早いな、実は・・・。」

と話しはじめた先生。

 

昨日のニュースを見た時点ではそれがダイレクトに自分に関係するとは思っていなかったアホな私。

いや、確かに今現在アラガン社のシリコンインプラントを入れているので、

以前に診察の際、このようなことがおきていて(インプラントが原因で希少がんになる)という説明はうけていたのだ。

なので、リスクとしての認識はしていたのだが、発生率もそんなに高くはないし、などとのほほんとしていた。

 

いやいや、自分ちょっとぼんやりしすぎだな。

 

主治医の話というのは、アラガン社のリコールでシリコンインプラントはすべて回収されたので、

私の来月予定していたシリコンインプラント入れ替えの手術についてどうするか・・・という話だったのだ。

 

今現在、保険適応のインプラント再建に使うシリコンインプラントはアラガン社の製品のみ。

それが使えなくなるということはシリコンインプラントでの再建が出来なくなるということなのだ。

美容整形ではアラガン社以外のシリコンも使えたりするのだが(もちろん美容整形なので保険適応ではない。)

厚生労働省が認可している保険適応で使えるシリコンインプラントはアラガン社のみなのだ。

 

思い切りダイレクトに自分に関係する件ではないか。

 

主治医いわく選択肢として、

1.とりあえず来月の手術は延期して他のシリコンインプラントが使えるまで待つ。

2.今回の手術ではシリコンインプラントの入れ替えはせず、リップリングの被膜の処置のみをする。

3.自家組織で再建しなおす。

とのこと。。。

 

あ~。

う~む。

とりあえず、1はないかな。

次のシリコンインプラントがいつ認可されるとか全くわからない状態だし。

となると、2か・・・。

ううう、自家組織か~~~・・・と頭の中がぐるぐるなりつつ、

主治医との電話ではリップリングの処置だけということでお願いしたのだが・・・。

(手術の予定はそのまま、来月8月22日)

どどど、どうしよう。

 

主治医は今日は朝からずっと診察の合間にインプラント再建予定の患者さんに電話をして話をしているとのことだった。

手術の予定なども組みなおさねばならず、かなり大変そうだ。

確かに、今エキスパンダーを入れていてシリコンインプラントに入れ替え予定だった患者さんとか、

乳がん切除手術前で、シリコンインプラント再建を希望している患者さんとか、

すべてストップっていうことだよな・・・。

 

私は今すでにインプラントが入っていて再建は完了している状態だ。

不調はあるけれど、今のままでもとりあえずは大丈夫なのだが・・・。

 

これからの患者さんたちも、対応する先生たちも、本当に大変だろうな・・・。

リコールとなると、再建は終了している患者さんでも不安になったりもするだろうし。

 

とりあえず、私としては来月の手術をどうするかだ。

ううむ・・・。

 

 

2019-07-26-Fryday

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930